適応疾患

【整形外科疾患】
肩こり・五十肩・膝痛・股関節痛・腰痛・ぎっくり腰・腱鞘炎・頚椎症・むち打ち症 その他

【内科疾患】
慢性疲労・自律神経失調症・不眠症・胃のむかつき・胃痛・逆流性食道炎・腹部の膨満感・便秘症・過敏性腸症候群・痔・動悸・息切れ・耳鳴り・めまい・リウマチ・狭心症・膀胱炎・頻尿・夜間尿 その他

【皮膚科疾患】
アトピー性皮膚炎・湿疹・かぶれ・ほくろ その他

【婦人科疾患】
生理痛・生理の異常・不妊症・逆子・子宮筋腫・子宮内膜症・産後の体調不良・更年期障害・子宮下垂 その他

【精神科疾患】
鬱症・パニック症状・過換気症候群・神経症 その他

【小児疾患】
アレルギー疾患・アトピー性皮膚炎、喘息・疳の虫・夜鳴き・夜間尿 その他

その他
風邪・体の重だるさ・頭がぼーっとする・原因不明の微熱が続く・何となく胸苦しい…等、西洋医学では診断のつかない症状でお悩みの方もご連絡ください。

なぜ「病」になるのか?


現代はストレス社会です。ストレスが全くない、という人はいない位です。そして、このストレスが、「病」の原因になっている事が実に多いのです。

東洋医学では、ストレスは気の滞り(=気滞)を生む、とされています。例えば、人前で話す機会があって暫く緊張状態にいると、やたら肩が凝ったり、頭が痛くなったりした経験は、多くの方がお持ちでしょう。これは、緊張というストレスにより、気滞が生じて、その部分の気血のめぐりが悪くなり、痛みが生じたのです。

この時、気滞が体のどこに生じるかは、その人の体質・個性によります。緊張しても、肩こり、頭痛ではなく、腹痛や下痢、頻尿となる人もいますし、女性であれば生理が止まったり、あるいは不正出血となる人もいます。

この緊張状態が長く続くと、長期間の気滞によって、内臓の働きや関節、筋肉の働きが抑制され、一時的な症状でなく、西洋医学で病名が付くような「病」を形成していくのです。

他にも病因はあります。

ストレスを緩和するための「ストレス食い」を続けていると、内臓のあらゆる場所にに「湿痰」というものがたまって、それが胃腸炎や痔、鼻炎や薄い色の不正出血、などに姿を変えたりします。

またストレスは「熱」を生みやすく(漫画では怒っているキャラクターの頭から火を出したりしていますが、東洋医学的には正しい表現と言えます)、目が赤くなったり、回転性のめまい、頭痛、耳鳴り、のぼせ等の症状が出やすいですし、息苦しさ、胸苦しさ、胃炎、腸炎、膀胱炎などの炎症が起きたりします。

更に、気滞が長く続いて血のめぐりも悪くなると、「瘀血」と呼ばれる、血の塊のようなものが生じます。これも、筋腫や嚢胞を生じることもありますし、内臓や筋肉、関節が刺すように痛くなったり、夜間痛くて眠れなかったり、という症状が出たりします。

この、気滞と湿痰と熱、瘀血が合体すると、子宮筋腫や卵巣嚢腫、結石や、最終的には癌などの「塊」を形成していくのですが、こうなると、治療にも時間がかかり、長丁場を覚悟しなければならない事態になってしまいます。

こう読み進めて来ると、ストレスがどんどん怖くなってしまいそうですが、逆に、軽い場合は、ストレス=気滞を取る治療をしていくと、色んな症状が同時に取れていく、ということもあるわけです。「肩こりと生理不順が、同時に良くなる」とか、「首の痛みが取れたら、皮膚の状態が良くなって化粧のノリが良くなり、便秘も解消した」などはよくあることです。

いろいろ気になる症状があって、それぞれどの病院に行けば良いのか分からなかったり、色々な病院でたくさんの薬を投与され、毎日飲むのが不安だ…などのお悩みをお持ちの方にも、東洋医学・鍼灸・整体は、有効な選択肢です。



NIH(米国 国立衛生研究所)における見解として、鍼灸療法の各種の病気に対する効果とその科学的根拠、西洋医学の代替治療としての効果について、有効であると発表しました。
WHO(世界保健機関)では、鍼灸療法の有効性を認めた病気として次のものを挙げています。

【神経系疾患】
◎神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー
【運動器系疾患】
関節炎・◎リウマチ・◎頚肩腕症候群・◎頚椎捻挫後遺症・◎五十肩・腱鞘炎・◎腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
【循環器系疾患】
心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
【呼吸器系疾患】
気管支炎・喘息・風邪および予防
【消化器系疾患】
胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾
【代謝内分秘系疾患】
バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
【生殖、泌尿器系疾患】
膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
【婦人科系疾患】
更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊
【耳鼻咽喉科系疾患】
中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎
【眼科系疾患】
眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
【小児科疾患】
小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善